パルメニデス(Parmenidēs)– 西洋哲学史と倫理学のキホン(10) –

パルメニデス(B.C.515頃~B.C.450頃)は、イタリア南部に位置するエレアに生まれた哲学者である。
アナクサゴラスの弟子であったクセノパネスやピタゴラス学派のアメイニアスに学んだと伝えられている。
つまり、パルメニデスは、当時のギリシアの哲学に精通していたらしい。

そんなパルメニデスは、まず、それまでのイオニア学派の哲学を否定した。
万物のアルケーを言い当てようとして、「水」だとか「空気」だとか「火」だとかいろいろな説が出てくるのは、そうした営みが感覚に依存しているからで、人によってまちまちな感覚をアテにすれば誤った思い込みに陥(おちい)らざるをえないと考えたからである。

これに対して、パルメニデスは、たとえばヘラクレイトスが〝すべてのものは絶えず変化している〟と考え、「万物流転」を説いたのとは正反対に、〝ただあるもの(「ト・エオン」)のみがある。なぜなら、あるものはあるが、あらぬものはないからである〟と言い、〝万物不動〟とも呼べる考え方を説いた。

パルメニデスの考えは、こうだ――
もしも存在が生成したものであれば、それは存在か非存在かのどちらかから生成したことになる。
これがもしも、存在が別の存在から生成したのであれば、存在の前に存在があるため存在が生成したことにはならない。
逆に、もしも存在が非存在から生成したのであれば、非存在は本来考えることができないものであるから、非存在から存在が生成したと言うことは不合理になる。
よって、存在は、生成することもなく、消滅することもない永遠不滅のものだと言うことができる。
また、もしも存在を分けることができるとすると、存在と存在のあいだに非存在が生成することになり、〝ないものがある〟という不合理なことになるため、存在は分けることができないと考えられる。
つまり、存在は不可分かつ唯一のものなのであるから、生成や変化、多様性と思えてしまうのは、すべて感覚の誤りなのである。

このように、パルメニデスにとっては、存在するものだけが真にあるのであり、その存在だけが思考の対象となったのである(存在と思惟との一致)。

◀ ピタゴラス学派

(エレアの)ゼノン ▶

西洋哲学史と倫理学のキホン:もくじ