カント(Kant):ア・プリオリな総合判断– 西洋哲学史と倫理学のキホン(75) –

カント:理性の限界」で見たように、理性がその限界を超えて形而上学的問いに挑むとき、必ずアンチノミー(二律背反)が生じるのであったが、それではなぜ、これまでの哲学は、アンチノミーに陥らざるをえない形而上学的問いに挑んできたのであろうか?
それは、カントによれば、「どうすればア・プリオリな総合判断は可能であるのか?」という課題に気づかなかったからだという。

ア・プリオリ」というのはラテン語で、〝あらかじめ〟〝先立って〟と訳すことができ、ここでは〝経験に先立つ〟〝生まれつき〟という意味で用いられている。
また、「総合判断」というのは、主語を分析しても述語が導き出せない判断のことである。

主語を分析すれば述語が導き出せる判断は「分析判断」と呼ばれ、〝物体はすべて延長を持つ〟という判断のように、物体という主語(概念)を分析すればおのずと延長(拡がり)という述語(概念)が含まれていることがわかる判断のことである。
そのため、分析判断に経験は必要ない。
しかし、総合判断は、経験を経なければ成り立たない。
たとえば、〝薔薇(ばら)は赤い〟と判断する場合、薔薇という主語をいくら分析しても、そこから〝赤い〟という述語は導き出せない。
なぜなら、薔薇には、赤い薔薇もあれば、黄色い薔薇、白い薔薇もあるからだ。
したがって、〝薔薇は赤い〟という判断は、薔薇に関する具体的な経験にもとづく判断(「経験判断」)であり、総合判断だということになる。

カントは、「経験判断は一般に総合判断である」と述べ、〝総合判断=経験判断〟とみなしているが、それでは、ア・プリオリな総合判断、すなわち、〝経験に先立つ経験判断〟というのは、いったいどういう意味なのであろうか?
それは、〝経験にもとづく判断(認識)は、ア・プリオリな認識能力なくしては成り立たない〟という意味である。

もしも総合判断にア・プリオリな認識能力が関わらないとすれば、人は各人の多様な経験によってのみ判断するため、ある人にとっては薔薇は赤く、別の人にとっては薔薇は白いものとなり、普遍的な認識の可能性がなくなってしまう。
とすれば、数学や自然科学といった学問の根拠は失われてしまうことになる。(※1)
そこでカントは、ア・プリオリな認識能力を想定することにより、普遍的な認識の可能性を確保しようとしたのだ。

それでは、ア・プリオリな認識能力とは何なのか?
その探究の内訳を『純粋理性批判』の第1部「超越論的感性論」と第2部「超越論的論理学」のなかに見ていこう。

(※1)カントによれば、数学や自然科学は、総合判断にもとづく学問である。

◀ カント:理性の限界

カント:空間と時間 ▶

西洋哲学史と倫理学のキホン:もくじ