ノウハウ7★指定された字数におさめる– 大学通信教育レポート作成必勝法(35) –

大学通信教育のレポートは、たいてい枚数(字数)が決まっています。

〝○枚以上なら、いくらでも書いていいですよ〟なんていう大学(通信教育)はないはずです。

というより、たかが(?)1本のレポートを作成するのに「100枚書くぞ(炎)」と燃える大学通信教育生がいたら怖すぎます……(震)

でも、規定の枚数を〝数枚〟超えるレポートであれば、よくお目にかかります。

大学通信教育生の多くは、レポート作成を面倒くさく感じ、フーフー言いながら書き上げているはずです。

そのため、規定の枚数を超えているレポートは、熱心に作成した証し(あかし)であるかのように見えます。

実際、そう評価する採点者(教員)もいます。

しかし!

私は、必ずしもそうは思いません(汗)

なぜなら――

レポートを規定の枚数(字数)におさめるのも〝実力のうち〟だと考えるからです。

レポートの枚数が8枚(3200字)以内と決められているなら、その範囲内でぴったりおさめるべきだと思います。

そうしないと、いつまでたっても〝物事をまとめる力〟=〝要約力〟(?)がつきません(汗)

たとえば、雑誌を思い出してください。

さまざまな雑誌に掲載されている記事やコラムは、字数(ページ数)が決まっています。

その決められた範囲のなかで、記者やコラムニストたちは、決められたテーマについて、読者に最大限の理解がもたらされるような書き方をします。

どう書けばベストの記事になるか、いつも脳ミソをふりしぼって工夫しているのです。

その積み重ねの結果、彼らは、ゆるぎない〝物事をまとめる力〟を身につけていきます。

私は、大学通信教育のレポート作成でも、この〝物事をまとめる力〟を身につけることが求められていると確信しています。

また、この力はなにも、大学通信教育のレポート作成だけに必要なものでは決してありません。

報告書の作成や企画提案など、あなたが仕事をするうえでも大いに役立ちます。

大学通信教育のレポート作成は、そのための〝修行〟あるいは〝練習の場〟であると考えればいいでしょう。

あなたが在籍している大学通信教育のレポートの枚数が8枚と決められているとしたら、なるべく8枚ぴったりにおさまるように書きましょう。

字数は多すぎても少なすぎてもいけません。

8枚の場合は、3000~3200字でまとめるのが妥当でしょう。

規定の枚数や字数を守って、ぜひ〝物事をまとめる力〟を身につけてください♪

◀ ノウハウ6★適度に改行する

ノウハウ8★誤字・脱字をなくす ▶

大学通信教育レポート作成必勝法:もくじ